設立趣意

少子高齢化社会が目前に迫っています。

高齢者の独り暮らし、日中独居、老老介護が増え、また子育てをとりまく環境も厳しく、乳幼児虐待のニュースが後を絶ちません。

高齢者が住み慣れた地域で自分らしく暮らし続ける援助、また女性が仕事を持ち続けながらも安心して子育てができる支援が必要です。

私たちは、1998年3月「大田たすけあいワーカーズビオラ」を設立し、市民の立場から高齢者介護や子育て支援をする自立援助サービスの活動をしてきました。2010年8月からは大田区の基準該当居宅サービスとして、介護保険の訪問介護事業も開始しました。

私たちは、これまでの活動をベースに高齢の方、病気・障害をもつ方、幼い子供を持つお母さんたちの自立した生き方を尊重し、たすけ、たすけられる社会を目指します。

また、市民と行政がそれぞれの役割をはたし、良いパートナーシップをとることでより良い地域社会を実現していきたいと思います。

NPO法人アビリティクラブたすけあいと連携をはかり「特定非営利活動法人ビオラたすけあいワーカーズACT大田」としてたすけあいの輪を広げていくため地域に根差した確かな活動をしていきます。

 

 

 

概要

法人名  特定非営利団体活動法人ビオラたすけあいワーカーズACT大田

住 所  〒146-0083 東京都大田区千鳥1-25-12 大山ビル2階

電話番号 03-5732-3380

FAX番号 03-5732-3381

受付時間 月~金曜日(土・日・祝日は休み) 9時~17時

設 立  1998年3月

事業開始 2001年8月 介護保険訪問介護事業開始

     2003年 NPO法人取得

メンバー 24名 ホームヘルパー2級・介護職員初任者研修修了者・介護福祉士

           その他(2017年6月現在)